🏫産学協同キャリア教育教材開発 in 嘉数中学校

嘉数中学校PTA文化教養委員会にお招きいただき、キャリア教育教材についての勉強会✏️を行いました。 放課後でお疲れのところ、19名近くの先生方に集まって頂きました!✨ 会では、将来に不安を持ちやすい時期の子ども達の視野を広げる事を目的として「多重知能理論(MI理論)」を活用した授業を提案しました。 提案にあたっては、 個人の能力を否定することが少ない事 子どもの意外性を突いて進路指導にも活きる事 学校行事やキャリア教育・キャリアパスポートにも関連できる事 などを期待する効果として本教材活用の着地点を共有しました。 着地点に到達するための教材の前提条件として、 コロナ感染予防に伴いグループ学習に制限がある事 先生方の負担にならない教材である事 補講のように簡単に取り入れられる事(適応教室・通級での活用等) 自分の才能に気づくきっか

もっと読む

2019年度 産学協同キャリア教育授業(PBL授業)

沖縄大学と沖縄国際大学において、2019年度のPBL授業をコーディネートいたしました。 全15回の授業を経て、学生さんから声をシェアします。 ポジティブ意見 最初が大事 頑張れ! とても楽しくできました いい自分を生み出すために頑張ってください 発表力が身に付く 大勢の人の前で堂々と発表することが大事 自ら働けば得るものは多く、素晴らしい授業 楽しい、面白い、よい経験になる やって損はない 人と仲良くなろう! 皆の協力が素晴らしい 成長できる 企業のつながりが作ることができる点 楽しいよ楽しいやつ組めば 積極的な意見を言えるように意見をまとめることができる ここに参加するって事はほんの少しでも意識がある人だったから今までチーム学習とかで苦労した子は周りを信じれないこともあると思うけど一旦信じて任せたりお願いしてもいいかもしれない

もっと読む

【PBL授業】産学協同キャリア教育

琉球のタネは、大学授業と企業のコーディネートによる産学協同キャリア教育事業を行なっています。 2019年度後期は、沖縄国際大学(キャリアデザイン論)、沖縄大学(キャリア選択論)の授業と、トランスコスモス株式会社、新光産業株式会社、株式会社御菓子御殿の3社の企業をコーディネートしています。    

もっと読む

業務協力・連携協定(伊波中学校)

伊波中学校および伊波中学校区での教育・研究・社会貢献事業の一層の発展を図るため、学習支援・学習相談事業を手掛ける株式会社琉球のタネ(所在地:那覇市、代表取締役:佐渡山要)は、うるま市立伊波中学校(所在地:うるま市石川、学校長:宇江城聖子)と2019年9月30日(月)に業務協力・連携協定を締結しました。 琉球のタネは、伊波中学校の学力向上、市民協働学校(コミュニティスクール)推進において、家庭学習・学習補助・学習相談から、学校経営目標の達成に協力します。

もっと読む

【出前授業】嘉数中学校に行ってきました

9月6日に、宜野湾市立嘉数中学校(校長:上里厚先生)のPTA文化教養委員会様に講師としてお招き頂きました。 60名近い先生方と保護者のみなさんと、 「子どもにあった学ぶ力の育て方」をテーマに話題提供した後、感想や質問を交えたゆんたく会を行いました。 今回ご要望いただいたテーマである「学ぶ力」について、 佐渡山がこれまで受けてきた相談を、年齢と困りごとに大別しながら、みんなで発達課題として確認しました。 また、エリクソンの発達課題を通して、児童期・青年期の子ども達の気持ちの変化を考えました。 続けて、視覚や聴覚などの五感に応じた学び方を紹介し、お子さんがどのような学びの好みがあるかについて考えてみることを提案しました。 休憩を挟んだ後のゆんたく会では、 「苦手な英語に果敢に挑戦する息子とどう接したら良いか?」 「”どうせ”と口癖の

もっと読む

【出前授業】伊波中学校リーダー研修に行ってきました

夏休みに、うるま市立伊波中学校(校長:宇江城聖子先生)の生徒会リーダー研修のSST研修の講師としてお招き頂きました。 1年生から3年生の60名のみなさんと、 「リーダーとして必要なこと」をテーマに90分の研修を行いました。 今回ご要望いただいたテーマである「リーダー」について、 彼らが夏休み明けて普段の学校生活の中で「リーダー」として活躍する素養として必要なことを悶々と考えた時、『きく力』に行きつきました。 研修のはじめの簡単なアイスブレイクで、 場の緊張が解れたのを確認した後、インタビューゲームを行いました。 インタビューゲームとは、ペアをつくり、一人があるテーマについて話し、もう一人が話を聞くといったとても簡単なゲームです。 ここで、この研修では『きく』を練習したいので、 無視する 目を合わせて無視する 相槌をして聞く を実

もっと読む

【出前講座】昭和薬科附属高等学校・中学校

昭和薬科大学附属高等学校・中学校にて、 郷土文化学習を目的とした特別講座を実施する機会を頂きました。 在校生及び保護者の方に楽しんでいただましたら光栄です。 また、本講座開講にあたり、 5名の方々にご協力頂くことができました。 池田 直樹 様(新光産業株式会社) 仲田 英安 様(一般社団法人UTT 代表理事) 具志堅 邦子 様、具志堅 要 様(オフィス・サンジチャー) 知念 弘恵 様(琉球のタネ アドバイザー) 皆さまの次世代への時間投資(ちゅいしーじ)に感謝いたします。 <タイトル> 「VISION QUEST」 <ねらい> 大学初年次教育で実施される社会人基礎力養成(キャリア形成)に加えて、文化や伝統を学び郷土を知る 自己理解を深め、地域課題を共有する事で、AI社会における自身の将来設計を見立てる 夏期講習会以後の学習計画に

もっと読む