先輩に学ぶ

ちからの貯金箱11月

勉強のように、ゆっくりと効果が分かってくるものを実感するには「先輩に学ぶ」ことをお勧めします。

「先輩に学ぶ」とは、職場体験や社会見学のように、大人の働く姿を見たり、高校や大学に進学した先輩の姿を見たりすることです。

毎年11月に開催される「県産業教育フェア」では、高校に進学したお兄さん、お姉さんが将来の仕事のために、高校で学んだ成果を見たり聞いたり体験することができます。

LEDを使った植物工場、ドローンを使った測量技術、ファッションショーやオリジナルスイーツを販売する商業デパート、日ごろの調理実習や食品研究の展示コーナー、海のお仕事や福祉のお仕事の紹介、ロボット大会など盛りだくさんです。

小学校、中学校と勉強を重ねて、農業、工業、商業などの専門高校に進学した先輩方の発表は毎年ユニークです。もし会場に行く機会があれば、さらに勇気を出して「高校の勉強は楽しいですか?」と質問してみてください。きっと優しく楽しく教えてくださいます。

おわりに「百聞は一見にしかず」ということわざを紹介します。「人から何度も聞くより、1度、自分の目で見るほうがよく分かる」という意味です。

勉強は将来のために必要だと、親や先生に何度言われても、なかなか理解しにくいと思います。自分の目で見ることのできるフェアをうまく活用できるといいですね。

第25回沖縄県産業教育フェア
https://churasanfair.com/

1件のコメント

    • 聞くより見る方が分かりやすい事が分かった。(高校生)
    • 勉強を毎日やっていくと効果が出てくるんだなと思いました。(中2)
    • いろんな職場体験があってすごいと思った。(中1)
    • 自分より歳の上の人達の話しをきて、自分の目で見ることが大切。(中3)
    • 自分は農業にいかないけど、一度私の夢でもある病児保育の先生に「たのしいですか?」ときいてみたことがあって、返ってきた言葉が「自分が好きなことをしているから楽しい。」といわれたことがあります。それも、私が病児保育士をめざしてた理由でもあるから「先輩に学ぶことは大切だ。」とかんじました。(中2)
    • この話を聞いて、わかったことはLEDを使った植物工場やドローンを使った測量技術など、仕事がいっぱいあることがわかりました。(中3)
    • 先輩に学び見たり、聞いたりすることは大切だとわかりました。私は、毎年11月に開催される「県産業教育フェア」で高校に進学した人にいろいろなことを聞いてみたいです。(中3)

ただいまコメントは受け付けていません。